ネットで薬が買える時代

\90秒で注文完了/サインバルタの購入はこちら
頭を抱える男性こころの病気を患った時、患者さんの症状によって適した治療を行ないます。

カウンセリングや休養が治療の基本となりますが、症状の改善が見られない場合には抗うつ剤と呼ばれるお薬が使われます。

抗うつ剤というのは、脳内の神経伝達物質の働きをコントロールして不安や気分の低下を改善させたり、意欲や興味を高める作用があります

現在では多くの抗うつ剤が存在しますが、今回紹介する抗うつ剤は「サインバルタ」というお薬です。

また、今までは抗うつ剤を使った治療は通院が必須でしたが、最近では通院せずに抗うつ剤を使った治療を続けることも可能となりました。

そのため、こころの病気で悩んでいるのに通院が難しい…そんな方でも治療が続けやすくなります。

サインバルタの特徴

サインバルタはイーライリリー社が製造・販売を行なう抗うつ剤です。

海外では2004年に販売が開始され、日本でも2010年から販売されるようになりました

脳内のセロトニンとノルアドレナリンの働きを向上させることで鬱症状を改善します。

セロトニン…主に精神状態の安定やストレス軽減などに有効
ノルアドレナリン…基礎代謝を高めたり、
やる気アップの有効

サインバルタの有効成分

サインバルタはデュロキセチンを有効成分とする抗うつ剤で、SNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類されます。

脳内伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンは、精神状態のバランスに大きく関与しており、不足することで気持ちの浮沈みが激しくなったり気力の低下などのうつ症状が現れます。

通常、セロトニンやノルアドレナリンは脳内で放出されると細胞へ回収されます。

ですが、吸収されることで脳内のセロトニンとノルアドレナリンの分泌量が不足し、うつ症状が現れやすくなります。

サインバルタの有効成分であるデュロキセチンには、セロトニンとノルアドレナリンが再度取り込まれることを防ぎ、脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を高める働きがあります。その結果、うつ症状の改善・予防効果が期待できます

サインバルタで改善できる病気

サインバルタを服用することで改善が期待できる病気は以下のとおりです。

・うつ病

・糖尿病性神経障害

・慢性腰痛による疼痛

・線維筋痛症による疼痛

・変形性関節症による疼痛

このようにサインバルタは精神面だけでなく、身体面の痛みにも効果を発揮します。

そのため、以前までは精神疾患治療にしか使用されていませんでしたが、現在では痛み治療としても使用されるようになりました。

また、海外では上記の症状だけではなく、全般不安障害にも有効とされているので、より幅広い治療に使用されています。

サインバルタの効果

サインバルタは少量ずつ服用することで徐々に効果が現れてくる抗うつ剤です。

即効性はないものの、食事の影響を受けにくく副作用のリスクが低いので服用しやすいです。

効果の発現には個人差がありますが、目安としては14~30日ほどとなっています。

サインバルタは20mgから服用を開始し、症状に応じて60mgまで増量することが可能です。

ただし、60mgまで増量しても効果が見られない場合には、他の抗うつ剤との併用や変更などで対応します。

サインバルタと個人輸入代行

通販ユーザーのイメージサインバルタは処方箋が必要な医薬品なので、薬局やドラッグストアへ行っても購入できません

医師の診察を受け、サインバルタの服用が必要と診断された場合にしか処方してもらえませんので、当然楽天やYahooといった通販サイトでも取り扱いはありません。

ですが、個人輸入代行サイトと呼ばれる通販サイトでは、サインバルタをはじめとする様々な医薬品が扱われています。

国内通販サイトでは処方薬の販売は違法となりますが、個人輸入代行サイトは海外販売店からの輸入となりますので法に触れることなく医薬品を購入できます

また、代行サイトを通して海外医薬品を発注するので購入手続きはとても簡単。

国内の通販サイトでショッピングをする手順でサインバルタを購入できるので、個人輸入初心者でも全く問題ありません。

通販と病院のサインバルタは全く同じ?

薬のイメージ海外医薬品を扱う個人輸入代行サービスの通販サイトを利用すれば、処方箋がなくてもサインバルタを手に入れることができます。

ただ、そこで気になってくるのは「薬の品質」。

どのような商品でも日本製と聞くと安心できますが、海外製となれば品質は大丈夫なのかと心配になります。とくに医薬品は健康に直接影響するものですし、品質が気になります。

通販で購入できるサインバルタ…Eli Lilly(イーライリリー)
病院で処方されているサインバルタ…日本イーライリリー株式会社

つまり、通販と病院では入手方法は異なりますが、サインバルタは同じメーカーから販売されているので、どちらも安心して使えます。

また、サインバルタの製造・販売を手掛けるイーライリリーは、世界6カ国に自社の研究施設を持っており、これまで多くの有名医薬品を発売しています。

イーライリリー製品の多くは審査が厳しいとされているアメリカ食品医薬品局の認可を受けているものばかりで、サインバルタは高い品質と安全性であることが分かります。

ただし、同じサインバルタでも製造国が違うことで、パッケージの言語や使用されている添加物に違いがあります。

とはいえ、有効成分には同じデュロキセチンが使用されていますし、効果には違いはありません。

「全く同じ」ではありませんが、ほぼ同じ医薬品と考えてOKでしょう。

サインバルタ通販は通院が難しい方にぴったり

通販と病院では同品質のサインバルタが購入できます。

そのため、どちらの方法でサインバルタを購入しても同じ効果が得られます。ただ、病院処方となれば定期的な通院が必要となります。

その点、通販であれば通院しなくてもサインバルタを購入できますので

・体調が悪い/ 怪我をしていて通院が困難

・かかりつけの病院が遠方

・診療時間内の通院が困難

・スケジュール通りに通院できるか不安

といった方にぴったりです。

通販はスマートフォンかパソコンがあれば利用できますし、休日平日問わず時間帯も気にせずサインバルタを注文できます。

病院の都合ではなく自分の都合に合わせて通販できるので、どなたでも利用しやすいです。

サインバルタの通販で治療費用を抑えられる

うつ病をはじめとする心の病気は治療のゴールが見えません。

2~3ヶ月の短期間で症状が改善される方もいれば、治療に数年かかる方もいます。

日本ではうつ病治療は健康保険の対象となっていますし、治療費の負担を減らす制度もあります。

ですが、病気で仕事ができないとなれば収入はありませんし、治療期間が長引けばその分負担額も増えてしまいます。また、現時点でサインバルタのジェネリック医薬品はありませんから治療費用を抑えることは難しいです。

ですが、通販であればサインバルタのジェネリック医薬品も取り扱っています。ジェネリック医薬品を選べば薬代を大幅に抑えられますし、さらに通販の場合には通院にかかる費用(診察料や交通費など)もかかりません。

通販なら予備用サインバルタも買っておける

病院は症状に応じて医薬品を処方してくれますが、薬がなくなる度に通院しなければなりません。特に精神疾患は通院頻度が多いので、通院にストレスを感じてしまうことも。

通販は病院のように1錠単位で薬を購入することはできず、基本的には1箱単位で販売されています。ただ、1回の注文でまとまった数の医薬品を手にすることができます。

サインバルタジェネリックの場合には1箱100錠入で購入できるものもあり、頻繁に注文する必要もありません。

そのため、基本は通院で治療したいという方でも、通院できない時や通院頻度を少なくしたい場合には通販が有効でしょう。

サインバルタジェネリックの効果は?

通販サイトでは、日本ではまだ販売されていないジェネリック医薬品を多数取り扱っています。サインバルタに関しても日本ではまだ販売されていませんが、通販ではサインバルタのジェネリック医薬品が販売されています。

ただ、新薬とジェネリック医薬品と比べると、ジェネリック医薬品の方が圧倒的に安いです。

値段が安いと効果も劣るように感じるかもしれませんが、ジェネリック医薬品はすでに有効成分や安全性が確認された成分を用いて製造されているので、新薬に比べて大幅なコストダウンが可能。そのため、新薬よりもお安く販売されています。

効果に関しても同じ有効成分が使用されているので、どちらを服用しても同じ効果が得られます。

通販で買えるサインバルタジェネリック

薬を飲む男性通販でしか購入できないサインバルタジェネリックは、病院でサインバルタを処方してもらうよりも費用を節約できます。

ただし、ジェネリック医薬品を使用したことがない場合には、いつもと違う薬を使うのは少し心配に感じるでしょう。

ここでは、通販で購入できる人気のサインバルタジェネリック2つを紹介します。

シンバルタ(Cymbalta)

サインバルタジェネリックのシンバルタは、有効成分デュロキセチンの配合量が30mgと60mgの2種類あります。内容量は1箱28錠~で価格は通販サイトによって変動しますが、1錠約150円で購入できます。

シンバルタもサインバルタと同様にうつ症状や疼痛治療に使用できます。

デュゼラ(Duzela)

サインバルタジェネリックのデュゼラは、有効成分デュロキセチンの配合量が20mg、30mg、40mg、60mgの4種類あります。内容量も50錠/ 100錠とあり、商品によっても価格は変わりますが、デュゼラ20mg100錠入りであれば1錠あたり約40円で購入できます。

デュゼラはかなりお安く内容量も多いので、治療費用を抑えたい方におすすめです。

値段は安いですが、得られる効果は新薬のサインバルタと変わりません。

サインバルタ通販を利用された方の口コミ

通販のサインバルタは安全で安いとお伝えしてきましたが、やはり初めて利用する方からすると他にも気になる点は多々あるでしょう。

そんな時に欠かせないのが「口コミ」ではないでしょうか?口コミには実際に試された方の感想や評価が書き込まれており、購入前の参考になります。

ここではサインバルタを通販された方の口コミをいくつか載せておきますので、購入前の参考にしてください。

良い口コミ

・ジェネリックの商品を通販で買いましたが、いつもクリニックでもらってるのと変わりませんでした。こちらにしたからと言って副作用が出ることもないですし、値段が安いのでとにかく助かります。

・日によってかなり体調が変わるので、薬がなくなっても病院にいけないこともありました。そんなときのために、ネットでサインバルタを買って、いつでも飲めるようにしてます。おかげさまでずっと薬を飲み続けられて体調もいい感じです。

・病院ではサインバルタのジェネリックはないと言われましたが、通販なら買えると知ったので、以来通販にはよくお世話になっています。

海外の薬をネットで買うと偽物が…と言われてますが、今のところは全く不調もないですしトラブルもありません。これからもリピする予定です。

悪い口コミ

・思ったより効果は感じられませんでしたし、何より効果が出るまで時間がかかります。

自分の場合は飲んでも1ヶ月位変化がなかったので、その期間はなかなか辛かったです。

・精神面は楽になってきた気がしますが、少し便秘気味になりました。おそらく薬の副作用だとは思いますが、ちょっとしんどいですね。食生活に気をつけてますが、なかなか良くなりません。

・副作用はなくてよかったのですが、その分効果もあまり感じられませんでした。

軽めの症状で悩んでいる方には良いのかもしれませんが、もっと効果を感じたい方には不向きです。

まとめ

サインバルタの画像サインバルタは病院で処方してもらうことが基本ではあるものの、様々な事情で通院が難しい場合には通販を利用しましょう。

通販であれば通院しなくても指定住所まで届けてくれますし、ジェネリック医薬品にすれば治療費を節約できます。

また、サインバルタと他の薬を併用したい、他の抗うつ剤に変えたいという場合でも通販サイトはたくさんの医薬品を扱っていますので、自分の症状に応じて選ぶことが可能です。

うつ病は治療が長引く可能性が高いので、自分にとって負担のない方法で治療を続けていくことが大切です。今までは病院へ行くことしか考えていなかったという方も、ぜひ一度通販を検討してみてください。

サインバルタの購入はこちら

サインバルタは通販という選択を~通院不要のうつ病治療~
タイトルとURLをコピーしました